->
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 はい、どうもアルです。メガマソにハマっています。クセのある歌い方は好きですよ。リズムも私的にはツボです。

 さて、それは置いておくとして、六月購入本です。
 ええ、もうこれ毎月やる気ですよ?(ぇ

 ノベル


著・西尾維新

刀語 第四話 薄刀・針
刀語 第五話 賊刀・鎧
刀語 第六話 双刀・鎚

著・柳田国男

日本の昔話
毎日の言葉

著・藤原祐

レジンキャストミルク4

著・岩井恭平

消閑の挑戦者3 ロスト・エシュリオン

著・入間人間

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

著・京極夏彦

姑獲鳥の夏・上

著・来楽零

哀しみキメラⅣ

 コミック


著・冬目景

ハツカネズミの時間3

著・大久保篤

ソウル・イーター9

 今更だけど、京極先生……買うタイミングが無かったと言い訳(ぁ
 さて、後はショートショートを一つアップ(ぉ
 上手くいかない時というのは、何をやっても駄目だ。それを実感しながら、私はため息を吐く。
 美術室独特の空気の中、私は取り残されたように一人で椅子に座っていた。
 目の前には、一枚の黒く塗り潰されたキャンバスがあった。それを見て私は更に気分が重くなる。
 夕日が教室に差し込み、床から反射した光が少し眩しい。
 私は画材道具を片付け始める。流しへと移動して、蛇口を捻る。流れ出した水を使って私は道具に付いた絵の具を洗い流していく。
 水の音だけが静かに響く。何か、それが重々しい。
 洗いながら、私はふと考え事をしていた。
 今日一日、思い返しても良い日とはとても言えなかった。先ず、最初に何故か朝起きるためにセットしておいた筈のアラームが鳴らなかった。お陰で遅刻してしまった。更に、慌てていた為に今日持ってくる筈だった絵を忘れてしまった。今日までがコンクールに出す課題の締め切りだったというのに、どうにも上手くいかない。
 家に帰って取って来るには少し遠い。放課後では、間に合わない。だから私は今回、諦める事にした。それに忘れてしまった自分自身も悪いのだろう。
 気分を変えるためにこうして放課後日が暮れるまで絵を描いていたのだが、それも上手く出来ずに、塗り潰した。
 ため息がまた零れる。そういえば、ため息を吐くと幸せが逃げていくっていうけれど、確かに、こんな暗鬱とした空気を発するところに居たくはないだろう。
 洗い終わって、道具を片付け残ったイーゼルとキャンバスに向かう。
 少し申し訳なくなる。そして、思う通りに描けないもどかしさを感じ、なんだか切なくなった。胸の奥が締め付けられる感覚。どうしようもなく、苦しい。けれど、それが私を前へと進める力になる。
 自分自身のその負けてしまいそうな感覚に耐える事が出来たなら、もっと先へと進めるようになる。私はそう信じている。理屈とか道理とか、そういう事では無く、それは確かに自分という障害を乗り越えたのだと実感出来る。
 気持ちを切り替えて、私はキャンバスを片付ける。イーゼルも、折りたたんでしまって置く。
 作業着を脱いで、邪魔にならないように括っていた髪を解く。
深呼吸。
キャンバスは、明日また張り替えよう。
 私はそう考えながら、美術室を後にした。


 家に帰り、食事などを終え、そろそろ眠ろうかとベッドに潜りこむ。そしてアラームをセットする為に置時計を手に取る。
「あ……」
 私はなんだか気が抜けたような間の抜けた声を漏らした。
「時計、止まってる……」
 どうりで鳴らない訳だ。それは止まっていれば無理だろう。しかも丁寧に、今日起きた時間と一致するぐらいの時間で止まっている。
 あれ? それでも鳴らないのはおかしい。これを見た限り、止まったのはアラームの鳴った後の筈だ。
「……気付かなかったのかな」
 今まで一度もなかった事だけれど、ないとはいい切れない。
「はあ……」
 少し疲れたため息を零す。今日は幸せがたくさん逃げてしまっている気がする。
「ん?」
 何か引っかかり、少し眉根を寄せて昨日の事を思い出す。
「そう言えば、昨日、アラームセットしてない……?」
 よくよく思い返せば、確かにそうだ。昨日、絵を描き終わった後もう遅かったので、シャワーを済ませ、さっさと眠ったのだった。
 疲れていたので、ベッドに着けばそのまま気を失うように眠ったのだ。
 ああ、確かにアラームをセットしていない。そしてその時、時計はもう止まっていたのだろう。
「元も子もないなあ……」
 なんだか泣きそうだった。絵を持っていくために遅くまで描いていた事が逆に忘れる原因の一つになっていた。
 なんだか、どうしようもなく切ない。
 けれど、これも乗り越えよう。次はもっと上手く出来るように、願いながら。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 アルの工房~ヴリュのネタ編, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。